< Thai Herbal Massage will make you have a Holistic Life > 

Thai Herbal Massage School
タイハーバルマッサージスクール・バンコク
Bangkok Thailand

ホームハーブボールとサウナカリキュラム1日体験クラス 講師受講後の感想実習モデル募集 開講スケジュール

お問合せ・お申込所在地 留学アドバイス情報特別講座・ワークショップ情報卒業生サロンLINK

ハーブボール座学
タイ伝統医療と心のあり方 ハーブボールとは 成分ハーブ

マッサージの準備と手技

良いハーブボールマッサージとは

ハーブサウナの効能
 
 

画像提供:タイ保健省(コピー禁止)

 タイ・ハーブサウナの効果

 ハーブサウナはタイ伝統民間療法の中でも最古の治療法の一つです。もともとは出産後の女性のためのケアの一つとして、各地方で代々受け継がれてきたものです。使用方法やハーブの種類は各地方で少し異なりますが、共通するのはそのすばらしい効果です。サウナの温熱効果とハーブの薬効効果で病気になりにくい身体を作ります。
免疫力アップ!
  身体を温めることで免疫力を上げ、病気になりにくい身体を作ります。
自律神経のバランスを整える!
  リラックスすることで交感神経の過剰な働きを抑え、様々な症状の緩和に役立ちます。
     (冷え・生理痛・神経痛・乾燥肌・不眠症・イライラ等)
デトックス効果!
  循環器系の働きをよくし、毛穴を開き、老廃物の排出を促します。
美肌効果!
  数種類のウコンの成分が肌の老化スピードを遅くしてくれます。乾燥肌を解消し、より艶やかにします。

 使用手順

 テント本体・イス・ナベを設置します。冬場は暖房の充分効いた場所でご使用ください。
 ナベに水とハーブを入れ、約15〜30分煮出します。
 テント内の温度が充分上がったらテントに入ります。
 約20分後、テントから出ます。*ナベの電源の切り忘れに注意!
 ぬるま湯や温かいお茶などを補給してゆったりとくつろぎます。急に冷房をつけたり、
 冷たいものを飲むと身体に負担がかかります。
 使用後はテント本体をよく乾かしてください。また使用したハーブは密封後、冷蔵庫等で保存
  できますが、なるべく早めに使い切ってください。
   

 使用上の注意

入浴中の注意事項  
 テント内温度は38℃〜48℃くらいに保ってください。  
 入浴中はハーブの効果を得るため、タオル等は身に着けない方が効果的  
 一回の入浴は20分以内。それ以上は体力の負担が大きくなり疲れやすくなる。  
 ナベに足が当たって火傷しないように注意する。  
 基本は全身で蒸気を浴びますが、暑い場合やハーブの香りが強すぎる
  場合などは頭をテントの外に出してもOKです。
 
 食後は30分〜60分経ってから入る  
 高血圧・妊婦・糖尿病の方は入浴時間を半分程度にしてください。生理中は入浴可。  
 次の場合は入浴を控えてください。高熱(38℃以上)、飲酒後、筋肉や関節の炎症  
 よくある質問
使用後はハーブの臭いが部屋につきますか?  
 

使用後はテントとともに部屋の換気を行ってください。臭いが残ることはほとんどありません。

 
日本の生ハーブを足してもいいですか?  
  はい、問題ありません。タイハーブと相性の良いのは、柑橘系の果皮、ウコン、ショウガ、月桃の葉などです。ただし生ハーブは刺激の強いものもありますので、目や喉の痛みを感じたら使用を止めてください。  
   

                      Copyright (C) Thai Herbal Massage School. All Rights Reserved.